叔母の誘惑 牧原れい子

jux00114-5

仕事の都合で叔母・れい子の家に居候することになった正樹。何一つ不自由は無いのだが1つだけ悩みの種があった。それはれい子の溢れんばかりの性欲であった。夜な夜な自慰に没頭するれい子の淫らな声に正樹は日々、眠れぬ夜を過ごしていた。女盛りの限られた今を楽しみたい彼女に戸惑いながら過ごしてたある日、正樹の入浴中にいきなりれい子が入ってきたのだ。動揺する正樹を尻目に隆々と勃起した肉棒を弄ぶれい子だったが…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>