忘れられないおふくろの味 江原あけみ

juc00366-1

二浪の末にようやく志望大学に合格した息子・弘樹が実家を離れることになり、あけみは過ぎし日のある約束を思い出していた。二年前―。受験に失敗して自暴自棄になっていた弘樹にあけみは突然身体を求められる。一線だけは守り通した母子だったが煮え切らない弘樹に対し志望校に合格したら続きをするようにあけみは約束するのだが…。数年後、忘れられないおふくろの味に飢えた弘樹が帰省をする事になり…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>