実の母に肉体関係を迫る息子 元山はるか

実の母に肉体関係を迫る息子 元山はるか

極限の背徳感が生む支局のエロス。夫の隣で息子に犯され続ける日々。次第にスリルと快感に支配される。母を父親から奪いたい。抑え切れない想いを募らせ一線を越える。